Release

DJ Kentaro - Step In feat. Foreign Beggars + XLII Remix! March 12th ON SALE!


DJ Kentaro’s first single for his second album featuring an official XLII remix will be out next Monday and is now available to pre-order on Ninja Tune website. Both tunes are bangers, so have a listen and cop that shit for your club banging pleasure!

Ninja Tune Site:

http://ninjatune.net/release/dj-kentaro/step-in

iTunes:

http://itunes.apple.com/jp/album/step-in-feat.-foreign-beggars/id506965974?l=en

DJ Kentaro - Step In

1. DJ Kentaro - Step In feat. Foreign Beggars
2. DJ Kentaro - Step In feat. Foreign Beggars (XLII Remix)

Turnsteak - Engrenage (Feat. XLII Remix)

After releasing the critically acclaimed KWTF (feat. Ira Lee), Turnsteak is back with “Engrenage”, the second single from their upcoming EP: “Drifting away” As a bonus, you will enjoy three massive remixes by BASS SCIENCE (Made In Glitch/Los Angeles), TROUBL (Diess Prod/ Paris) XLII (Raid System /Tokyo) © & (p) www.itd-music.com 2012 FOLLOW US: http://www.facebook.com/Turnsteakfan https://twitter.com/#!/turnsteak Booking: ben@aimezvouswww.itd-music.com 2012 FOLLOW US: http://www.facebook.com/Turnsteakfan https://twitter.com/#!/turnsteak Booking: ben@aimezvousbrahms.com Infos/remix: turnsteak.contact@gmail.com Released by: itd records Release date: Jan 27, 2012

Nihon Kizuna Release Party! Fri 15! Door FREE!

Nihon Kizuna release party this Friday at Shinjuku Be-Wave, doors open at 23:00! Entrance FREE (but we take donations for JP Red Cross)!

Please come and support the compilation and celebrate it’s success with us! 10 people who submitted tracks for the compilation will be playing that night!

世界の多くの方々にNIHON KIZUNA Compilationにご賛同いただいたことを心から感謝いたします。
この感謝の気持ちをこめてコンピ参加者を中心としたフリーリリースパーティーを4/15(金)に行います。
入場は基本フリーとさせていただき、少しでもけっこうですので、寄付をお願いしたいと思います。
集まった寄付金は日本赤十字社に送らせていただきます。

メディアの報道がだいぶ落ち着いてきていますが、被災地の方々はこれからも試練の連続です。少しでもこのことを忘れずに、サポートする気持ちを私たち自身も忘れないためにもコンピレーションリリース後もこういった形で少しでもお役に立てればと思っております。

今回このパーティーの開催において、ご協力いただくアーティストの皆様、そしてBe-Waveに感謝いたします。

NIHON KIZUNA Tokyo release party
4/15
23:00~ Free + Donation
@ Be Wave (
http://be-wave.co.jp/shinjyuku/soundwave/index.html )

[DJ & Live]
Kper (Rhythm Incursions / Original Cultures)
BROKEN HAZE (Raid System)
XLII (Raid System)
Ken-One (Raid System)
Eccy (Slye)
BD1982 (Seclusiasis / Diskotopia)
YosiHorikawa (Eklektik Records)
Daisuke Tanabe (Circulations)
Himuro Yoshiteru – live (Murder Channel)
Matt Lyne(Diskotopia)

and more

また、LONDONでもNIHON KIZUNAのリリースパーティーが行われる予定となっており、コンピレーション参加者を中心に日本をサポートする世界的な動きとなっています。

Nihon Kizuna London Release Party/Japan Tsunami Benefit
April 20 ・ 7:30pm – 11:30pm
Vibe Bar
The Old Truman Brewery, Brick Lane, E1
London, United Kingdom

DJs
SLUGABED
OM UNIT
BLUE DAISY
THROWING SNOW
DANNY DRIVE THRU
KIDKANEVIL

Nihon Kizuna Bonus [34 tracks FREE DOWNLOAD]

After the massive and totally unexpected success of our Nihon Kizuna charity compilation created to support the victims of March 11 earthquake and tsunami, we decided to put out a Nihon Kizuna Bonus album as a sign of our gratitude to all the people who have supported the original release.

Nihon Kizuna was put together in 4 days and was originally released on March 18, 1 week after the March 11 disaster. So far Nihon Kizuna has raised about $20,000 on Bandcamp alone (that’s about ¥1,800,000 or more than my yearly salary) which made us #1 on Bandcamp for a couple of weeks. When a week later Nihon Kizuna was dropped on iTunes, we reached #1 in iTunes electronic charts over night and have remained there for 2 weeks straight, eventually climbing up to #11 in iTunes Japan main chart.

Due to the success of this compilation, many artists kept on sending us music and we have decided to put it out via Bandcamp with no “minimum” price. The download links were activated today at 14:46 Japan time, exactly 4 weeks after the initial 9M quake. So go ahead and get it! :)

http://nihonkizuna.bandcamp.com/

************************************************************

NIHON KIZUNAをリリースしてからも多くのアーティストが音楽という形でサポートをしたいと名乗りをあげてくれました。

メディアでも震災についての報道が少なくなっていく一方で、実際の被災地では、まだ余震が続く中での復興作業、ここからがさらなる修羅場となりま す。ニュースなどが少なくなるにつれて、記憶が少しずつ薄れてしまうことが人間はあると思いますが、リリースやパーティーを通じて少しでも、震災について 私たち自身も含めてリマインドすることができ、かつサポートを続けることができればと思っております。

今回は前回リリースしたNIHON KIZUNAコンピに寄付いただいた方々へのお礼としてフリーダウンロードができるようになっております。もし、可能でしたらほんの少しでもかまいませんので寄付をお願いいたします。
今回も集まったお金は全て日本赤十字社に寄付されます。

http://nihonkizuna.bandcamp.com/album/nihon-kizuna-bonus

TRACK LIST
1. +Verb - Hard Fought Sleep 04:02
2. Beggars Jargon - Indian Rope Man 04:19
3. Blue Daisy - Beneath The Fall 01:24
4. Chiba Chemist - 10 Pacez 02:54
5. Control Freak - Drop your guns 04:31
6. Damage is Done (fLako & Hubert Daviz) ft. Shuanise - Elements 02:55
7. Daniel Savio - Rivers 03:44
8. Demokracy - EON 02:53
9. Dizz1 - Drastic Measures 05:50
10. Geir Helgi Birgisson - Cats 02:08
11. Ghost Mutt - Nightly 04:17
12. Ike Release - Rendez Vous 04:55
13. Jay Scarlett - East 04:12
14. Kan Sano - Circle Dancing 03:15
15. Kelpe - Ryan Larkin’s Walking 05:08
16. Lambent - SRC 03:11
17. Machinedrum - Let It (Broken Haze Remix) 03:36
18. Mesak - Azeridjavulen 03:42
19. Moa Pillar - Ursula 03:58
20. Mr Beatnick - Rainbow Road 04:17
21. Mweslee - Variations Pour Cx Pallas 03:04
22. Myown - 3words 05:10
23. Nocow - Abandoned Intent 04:18
24. Powell - Da Sun Will Always Shine 02:30
25. Professor Ojo - Pass The Map 02:48
26. Red Richards feat. Nana Chica - Sakura 04:37
27. Rekordah - Burger Sauce 04:02
28. RQM - Atomic Fusion 03:18
29. Save Slaves - Revolver Juggling 03:28
30. Sert One - Morning Rise (Alarm) 02:44
31. V.C. - Walk vs Run 04:49
32. XLII - Chara-Chara!! 03:37
33. YoggyOne - Grey’s Back 04:00
34. Young Montana? - Atlas 03:00

Massive Release! [V.A. - Nihon Kizuna] - ALL proceeds to Red Cross

Featuring Kode 9, Kuedo, Rudi Zygadlo, Broken Haze, Circulations Records, All City Records, Daisuke Tanabe, Yosi Horikawa, XLII, Memory 9, Ninja Tune, Kid Kanevil, Om Unit, Paul White, One Handed Music, BD1982, Illum Sphere, Fink, Emika, Mux Mool, Ernest Gonzales, Paper Tiger, Sesped, Jay Scarlett, Elliott Yorke (Royalty), Kan Sano, Onra and many more. Artwork by Justin Sereni. Tokyo 17/03/2011 Worldwide artists contribute to Nihon Kizuna music compilation in aid of Japan disaster relief effort Over 40 international artists have donated music for the Nihon Kizuna compilation in aid of the Japan disaster relief effort. Nihon Kizuna, or 日本絆 in Japanese roughly translates as ‘bond of friendship with Japan’. Following the earthquake and tsunami which devastated the northern coast and prefectures of Japan on Friday March 11th 2011, a small group of Tokyo-based artists (from Japan, Ukraine and France) and one visiting London-based journalist (from Italy) decided to pull their efforts and contacts together to do the only thing they could to help the country and its people – sell music to raise awareness of the devastation that hit the area and raise money for its people and the relief effort. The motivation behind Nihon Kizuna was simple: in face of the feeling of helplessness many felt here in Japan in the aftermath of the earthquake and tsunami this compilation seemed like the best way to express our support and love for the country and its people. Amid widespread scaremongering and panic from the foreign media it felt only right to stand tall alongside the people of Japan who have always welcomed foreign artists and musicians with open arms and hearts. The compilation was put together in five days thanks to the internet. Every artist and/or label on the compilation donated a track, either previously released, unreleased or created especially for the occasion. Many of the tracks, artists and labels on the compilation have a direct relation to Japan, further highlighting the connection many people outside of the country feel towards Japan in the current situation. It’s no small thing to say that many of those involved feel a kinship to the country regardless of whether or not they’ve ever lived in or visited the country. Nihon Kizuna is released on Friday March 18th using Bandcamp as a selling platform and with payments handled via Paypal. This will be followed by a release on iTunes Japan in the week of March 21st – as many Japanese residents do not use Paypal. The compilation will cost £10, $15, 1,500Y or 12E and there will be the possibility to donate more should people want to via Bandcamp. The compilation will be available on iTunes Japan until the end of March, while the Bandcamp page and this website will stay up for the foreseeable future. All proceeds from the compilation will be given to the Japan Red Cross directly. Artists and labels involved in the compilation include Kode 9, Kuedo, Rudi Zygadlo, Broken Haze, Circulations Records, All City Records, Daisuke Tanabe, Yosi Horikawa, XLII, Memory 9, Ninja Tune, Kid Kanevil, Om Unit, Paul White, Illum Sphere, One Handed Music, BD1982, Fink, Emika, Mux Mool, Ernest Gonzales, Paper Tiger, Sesped, Jay Scarlett, Elliott Yorke (Royalty), Kan Sano, Onra and many more. Represented on the compilation are over 7 countries, 40 artists and 10 labels. This news is for immediate release. We ask that you please help us spread the word about this as far as possible to encourage people to give their money for a good cause. With over 40 tracks not only does this compilation constitute value for money it will also help with the relief and reconstruction effort in Northern Japan. Full tracklist, purchase links and hi res images can be found below. Broken Haze / Laurent Fintoni / XLII / Audace NOTE TO EDITORS: For any additional information please contact Laurent Fintoni (R.O.W) at laurent@spinscience.org.uk / 0081 8031788031 or Eugene Kovalenko (Japan) info@fubar-rec.com / 0081 9044641142 How to buy: http://www.nihonkizuna.com/buy / Payments via Paypal / From March 18th, 2011 iTunes Japan information coming soon

Various Artists – Nihon Kizuna / 日本絆

[Artist Name – Track Name – Affiliated or Release Label] Kode 9 (UK) – 9 Samurai (Hyperdub Records) ** Don Leisure (UK) – Trio of Desserts * Kuedo (UK) – Zap (Planet Mu) * Himuro Yoshiteru (JP) – Missing Links * Onra (FR) – High Hopes (All City Records) ** Tatsuki (JP) – Mirror In Bologna (Original Cultures) * Om Unit (UK) – Lavender (All City Records) ** Danny Drive Thru (UK) – Prescience (Fat City Records) * Slugabed (UK) – Rockin U (Ninja Tune) * Ken One (JP) – Mindrain (Raid System) * Paul White (UK) – Grimy Light (One Handed Music) ** Darkhouse Family (UK) – Lemon Drizzle (Fat City Records) * Illum Sphere (UK) – Sweat The Descent (Hoya:Hoya / Tectonic) ** A Taut Line (UK/JP) – Azul (Dyskotopia) * Fink (UK) – See It All (Ninja Tune) * Mus.sck (US) – Happiness Is The Best Face Lift (Car Crash Set/Daly City) * Rudi Zygadlo (UK) – Perdu (Planet Mu) * Broken Haze (JP) – Move Forward (Raid System) * BD1982 (US/JP) – Aluminium Riddim (Seclusiasis/Diskotopia) * Nightwave (UK) – Hokusai Dream * The Electric ft. Yarah Bravo (UK) – Beautiful (Memory9 remix) (Organically Grown Sounds) ** Ernest Gonzales (US) – Beneath The Surface (FoF/Exponential) * Jono McCleery (UK) – Garden (Ninja Tune) ** Ido Tavori (UK) – Haunted Top Hats * Jay Scarlett – The Rising Sun (Ampsoul) * Paper Tiger (UK) – Lunar Notes (Jus Like Music) * Kid Kanevil (UK) – One For Tokyo (One World Records / Ninja Tune) * Takuma Kanaiwa (US) – Senpo World (Concrete Sound System) * B-Ju (GE) – Philly Run (Mux Mool remix) (Error Broadcast) ** Primus Luta & Lonesome D (US) – Lockdown (Concrete Sound System) * 2phast (IT) – JapaN * Doshy (DE) – Space Attack (Robox Neotech) ** Sesped (VE) – Too High To Drive (Jus Like Music) * Yosi Horikawa (JP) – Passion (Eklektik Records) * Audace (FR/JP) – Indestructible Soul (Inductive) * Scrimshire ft. Inga Lill Aker (UK) – Warm Sound (Wah Wah 45s) ** Kan Sano (JP) – Bless (Circulations) * Elliott Yorke (UK) – Wormhole Squirm (Five Easy Pieces) * Daisuke Tanabe (JP) – Artificial Sweetener (Circulations) ** Super Smoky Soul ft. Guilty Simpson (JP/US) – Knockout Kings (Circulations) ** Emika (UK) – Count Backwards (Ninja Tune) * Eccy (JP) – EFH (Slye/Milk) * Throwing Snow (UK) – The Luck Without (A Future Without) * XLII (UA/JP) – Standuptall Nippon (Raid System) * Pete Sasqwax (UK) – Aggro A Go Go * Virtual Boy (US/FR) – Thrust (Turnsteak remix) * F.A.M.E (US) – Real Surreal (F.A.M.E/4OneFunk) * re:ill (JP) – We Are Possible (Circulations) * Kper (IT/FR) – Chotto * *exclusive to compilation ** previously released

Massive (40+ tracks) compilation to support Japan! [V.A. - Nihon Kizuna]

Tokyo 18/03/2011

—ENGLISH BELOW—

3/18 or 19リリース予定の内容となります

世界各国のアーティストが、今回の日本に訪れた悲惨な自然災害をサポートするために楽曲を無償で提供、日本:絆と称された募金を目的としたコンピレーションが完成しました。

連日のニュースで放送されているため皆様も既にご存知だと思いますが、忘れもしない3月11日に訪れた今回の震災は言葉に表しようがない大きな出来 事です。東京にいる私たちRAID SYSTEMやその周りのアーティスト(日本人だけでなく、ウクライナ、フランスなど)とたまたま日本を訪れていたRHYTHM INCURSIONSなどを運営するロンドンのジャーナリストがこの堪え難い事実に対して何かできないかと各国のアーティストに連絡をとり、音楽を通じて 寄付金を集めるだけでなく、少しでも皆さんの不安な心を希望に変えることができないかとここ数日努力をしてきました。

私たちのコンピレーションへの気持ちは本当にシンプルなものです。東北やその近隣の方々の辛い状況をニュースで見て、またそんな状況の中で歯を食い しばりながら立ち向かっている方々を目の前にして何もできないもどかしさを感じていました。ぼくらが今できることは何か、少しでも得意な分野で自分たちが できることをと考えた結果です。それは日本にいるアーティストだけでなく、海外のアーティストも同じ思いを持ってくれていました。

このコンピレーションは、メールなどを通じて5日間で集まり完成したものです。今もまさに楽曲が集まっています。
各国のアーティスト/レーベルは日本にゆかりがある人々も多く、今の状況を何らかの形でサポートしたいと多くの楽曲を寄付していただきました(多くの未発表音源も含まれています)。
もちろん日本に訪れたことがない人もいらっしゃいますが、まさに国境を越えて、一人の人間として助けたいと思っていただけた音楽関係者によって出来上がった温かいコンピレーションです。

このコンピレーション[NIHON KIZUNA(日本:絆)]は、3月18日にリリースされます。
BANDCAMPという音楽を販売できるプラットフォームを利用して販売され、PAYPALで購入が可能です。PAYPALを使えない方々のために3月中 にはiTunesストアで販売予定となっています。コンピレーションは10£, 15$, 1,500円 and 12Eで販売されます。

こちらのコンピレーションをご購入いただき、私たちの手元に届いたお金は全て日本赤十字に送られます。

http://www.jrc.or.jp/

参加者は、Kode 9, Kuedo, Rudi Zygadlo, Broken Haze, Circulations Records, All City Records, Daisuke Tanabe, Yosi Horikawa, XLII, Memory 9, Ninja Tune, Kid Kanevil, Om Unit, Paul White, One Handed Music, BD1982, Paper Tiger, Sesped, Jay Scarlett, Foreign Beggars, Kan Sano, Onra 等、です。

ぜひ、こちらの情報を皆様にも広めていただきたいと思います。少しでも多くのかたに今回の被災者のサポートに参加していただくだけでなく、今回の震災による皆様の心の不安を少しでも取り除くことができればと願う次第です。

FOR MORE INFORMATION:
日本語窓口: RAID SYSTEM at info[at]raids.jp
For English: Laurent Fintoni (R.O.W) at laurent[at]spinscience.org.uk

購入方法:
http://www.nihonkizuna.com / Payments via Paypal

iTunes Japan TBA / Payments via iTunes

[トラックリスト]

Various Artists – Nihon Kizuna / 日本絆

Tracklist – [Artist Name – Track Name – Affiliated or Release Label]

Don Leisure (UK) – Trio of Desserts *

Darkhouse Family (UK) – Lemon Drizzle (Fat City Records) *

Onra (FR) – High Hopes (All City Records) **

Kode 9 (UK) – 9 Samurai (Hyperdub Records) **

Om Unit (UK) – Lavender (All City Records) **

Paul White (UK) – Grimy Light (One Handed Music) **

Ernest Gonzales (US) – Beneath The Surface (FoF/Exponential) *

Kper (IT/FR) – Chotto *

Tatsuki (JP) – Mirror In Bologna (Original Cultures) *

Memory 9 (IT) – Shinzen Variations (Soundcrash Music) **

Himuro Yoshiteru (JP) – Missing Links *

Danny Drive Thru (UK) – Prescience (Fat City Records) *

Rudi Zygadlo (UK) – Perdu (Planet Mu) *

Mus.sck (US) – Happiness is the best face lift(Car Crash Set/Daly City) *

Broken Haze (JP) – Move Forward (Raid System) *

BD1982 (US/JP) – Aluminium Riddim (Seclusiasis/Diskotopia) *

Night Wave (UK) – Hokusai Dream *

Paper Tiger (UK) – Lunar Notes (Jus Like Music) *

Kid Kanevil (UK) – One For Tokyo (One World Records / Ninja Tune) *

Sesped (CO) – Too High To Drive (Jus Like Music) *

2phast (IT) – JapaN *

Kuedo (UK) – Zap (Planet Mu) *

Primus Luta & Lonesome D (US) – Lockdown (AvantUrb) *

Senpo World (US) – Takuma Kanaiwa (AvantUrb) *

Jay Scarlett ft. Kissey & Distant (UK/GE) – In Tokyo (Love) *

Yorke (UK) – Wormhole Squirt (Five Easy Pieces) *

B-Ju (GE) – Philly Run (Mux Mool remix) (Error Broadcast) **

Yosi Horikawa (JP) – Passion (Eklektik Records) *

Ido Tavori (UK) – Haunted Top Hats *

Kan Sano (JP) – Bless (Circulations) *

Daisuke Tanabe (JP) – Artificial Sweetener (Circulations) **

Super Smoky Soul ft. Guilty Simpson (JP/US) – Knockout Kings (Circulations) **
Eccy (JP) – EFH (Slye/Milk It)*

Audace (FR/JP) – Indestructible Soul (Inductive)

XLII (UA/JP) – Standuptall Nippon (Raid System) *

*exclusive to compilation

———
PRESS RELEASE in English

Worldwide artists contribute to Nihon Kizuna music compilation in aid of Japan disaster relief effort

Over 40 international artists have donated music for the Nihon Kizuna compilation in aid of the Japan disaster relief effort. Nihon Kizuna, or 日本絆 in Japanese roughly translates as ‘bond of friendship with Japan’.

Following the earthquake and tsunami which devastated the northern coast and prefectures of Japan on Friday March 11th 2011, a small group of Tokyo-based artists (from Japan, Ukraine and France) and one visiting London-based journalist (from Italy) decided to pull their efforts and contacts together to do the only thing they could to help the country and its people – sell music to raise awareness of the devastation that hit the area and raise money for its people and the relief effort.

The motivation behind Nihon Kizuna was simple: in face of the feeling of helplessness many felt here in Japan in the aftermath of the earthquake and tsunami this compilation seemed like the best way to express our support and love for the country and its people. Amid widespread scaremongering and panic from the foreign media it felt only right to stand tall alongside the people of Japan who have always welcomed foreign artists and musicians with open arms and hearts.

The compilation was put together in five days thanks to the internet. Every artist and/or label on the compilation donated a track, either previously released, unreleased or created especially for the occasion. Many of the tracks, artists and labels on the compilation have a direct relation to Japan, further highlighting the connection many people outside of the country feel towards Japan in the current situation. It’s no small thing to say that many of those involved feel a kinship to the country regardless of whether or not they’ve ever lived in or visited the country.

Nihon Kizuna is released on Friday March 18th using Bandcamp as a selling platform and with payments handled via Paypal. This will be followed by a release on iTunes Japan in the week of March 21st – as many Japanese residents do not use Paypal. The compilation’s base price will be announced shortly and there will be the possibility to donate more should people want to via Bandcamp. The compilation will be available on iTunes Japan until the end of March, while the Bandcamp page and this website will stay up for the foreseeable future.

All proceeds from the compilation will be given to the Japan Red Cross directly.

Artists and labels involved in the compilation include Kode 9, Kuedo, Rudi Zygadlo, Broken Haze, Circulations Records, All City Records, Daisuke Tanabe, Yosi Horikawa, XLII, Memory 9, Ninja Tune, Kid Kanevil, Om Unit, Paul White, One Handed Music, BD1982, Paper Tiger, Sesped, Jay Scarlett, Foreign Beggars, Kan Sano, Onra and many more.

Represented on the compilation are over 7 countries, 40 artists and 10 labels.

This news is for immediate release. We ask that you please help us spread the word about this as far as possible to encourage people to give their money for a good cause. With over 40 tracks not only does this compilation constitute value for money it will also help with the relief and reconstruction effort in Northern Japan.

Full tracklist, purchase links and hi res images can be found below.

Broken Haze / Laurent Fintoni / XLII / Audace

NOTE TO EDITORS: For any additional information please contact Laurent Fintoni (R.O.W) at laurent@spinscience.org.uk / 0081 8031788031 or Eugene Kovalenko (Japan) info@fubar-rec.com / 0081 9044641142

How to buy:
http://www.nihonkizuna.com / Payments via Paypal / From March 18th, 2011
iTunes Japan information coming soon

More Information:
For English: Laurent Fintoni (R.O.W) at laurent@spinscience.org.uk / 0081 8031788031

Ramb Camp vs XLII! [FREE DOWNLOAD]!

Ramb Camp feat. JFK and Big Joe <<<<<REMIXED by XLII! And it’s FREE DOWNLOAD! Get it Now! フリーダウンロードです!是非落として使ってください! Here’s the direct link to the page (click the download arrow on the player widget) 下のリンクでオーディオプレイヤの所で下に向いてるアローを押すとダウンロードできます! http://soundcloud.com/xlii/ramb-camp-southside-x-northside-feat-jfk-big-joe-xlii-remash Please help me spread this and tweet, Facebook, My Space, Blog, Mixi it! 色んな人に聴いてほしいので、この曲を気に入った方是非Twitterやブログなどで宣伝していただきたいと思います!

Release! Nego - [Dissectors 9] Remix Album!

Nego - [Dissectors 9] Remix Album is now out on iTunes featuring my remix of Nego’s Tayutafu and also Broken Haze’s remix of Nego’s Stereofish! These tunes are sick! No jokes! *************************** 僕がリミックスで参加したNegoの「Dissectors 9」っていうリミックスアルバムがiTunesで発売されました!Broken Haze、Fragmentなどのリミックスも入ってますので、是非チェックしてください! iTunes link: http://itunes.apple.com/jp/album/dissectors-9/id408855135

  • 01. Tayutafu (XLII remix)
  • 02. Dissected Stereofish (broken haze remix feat. MAKKENZ)
  • 03. Imperial Dub part.2 (Toshitaka Mukaiyama remix)
  • 04. Every Night (Taichi izmix)
  • 05. Stereofish and the Seven Ocean feat. Ao Inoue (Fragment remix)
  • 06. Prominence (eclipse mixed by nectonn)
  • 07. Stereofish and the Seven Ocean feat. Ao Inoue (SU: remix)
  • 08. Sarissa Dub By 珠洲(suzu)
  • 09. Imperial Dub (marginalprofit remix)
Mastered by XLII Artwork by azusa (nandii)

Release! Re:Daydreaming EP [XLII Remix]

This was actually out in late September, but I have only just realised now that I haven’t posted anything about it! Very, very, very naughty of me! Anyway, it’s a 3 track mini remix EP thing of Musou Production’s Daydreaming EP which came out last year! My track is brain damaged, so make sure to get it! Thanks! Original release page here: http://www.musouproduction.com/redaydreaming.html ***********************************************************

Tracklist :
1.Trash - Audace (Mark Geary - Eyes down mix) 2.Trash - Audace (XLII RMX) 3.Mind Game - Cloud Ni9e (Audace RMX) artwork : Masa (photo) / Alex (kanji) All tracks mastered by XLII at the FUBAR cave - Koenji/Tokyo Download links: iTunes - http://itunes.apple.com/us/album/re-daydreaming-ep/id389271466 Juno Download - http://www.junodownload.com/products/re-daydreaming/1625210-02/?highlight=RE:%20DAYDREAMING Amazon - http://www.amazon.com/dp/B004193B5W/believe-20/

XLII vs BD1982 - Envy Riddim! [FREE DOWNLOAD]

Me and BD1982 made a new tune a few days ago and decided to throw it out there as a free download. The official download page is on the raids.jp website, here: http://raids.jp/?p=529 But you can also download it directly by right clicking on the link below. XLII vs BD1982 /Envy Riddim 01 XLII vs BD1982 – Envy Riddim (Mc Zulu Version) 02 XLII vs BD1982 – Envy Riddim (Inst. Version) [DOWNLOAD](right click & save as) XLII vs BD1982 - Envy Riddim (MC Zulu Version) by XLII [DOWNLOAD](right click & save as)

Whachadoin (XLII Remix) FREE DOWNLOAD!

I know it’s been almost a year since I’ve done this remix, but it completely slipped my mind! Anyway, I’m putting this track for free download on soundcloud and to commemorate this monumental occasion I’ve even put together a crap video for You Tube. So, watch the vid! Get the track! :)
Download link:

New Release: Nego [Dissectors 9] Remix Album!

Sorry it’s a bit late. It completely slipped my mind. This is a remix album for a Japanese rock band called Nego. It features 9 remixes of tracks from Nego’s first album which came out earlier this year. 9 tracks, 9 producers, myself included. It’s a good mixed bag of different sounds so check it out at this link here: http://dubphalanx.com/ Nego - Official Remix Album [Dissectors 9] Release date: July 21, 2010 Format: Digital Tracklist:

  • 01. Tayutafu (XLII remix)
  • 02. Dissected Stereofish (broken haze remix feat. MAKKENZ)
  • 03. Imperial Dub part.2 (Toshitaka Mukaiyama remix)
  • 04. Every Night (Taichi izmix)
  • 05. Stereofish and the Seven Ocean feat. Ao Inoue (Fragment remix)
  • 06. Prominence (eclipse mixed by nectonn)
  • 07. Stereofish and the Seven Ocean feat. Ao Inoue (SU: remix)
  • 08. Sarissa Dub By 珠洲(suzu)
  • 09. Imperial Dub (marginalprofit remix)

Oscillation Part 2!!! FREE MUSIC! FREE MUSIC!

Yes yes, I think a few of you might’ve heard me talking about this great free compilation coming in the UK (released by Juslikemusic & Apple Juice Break) for which me & Broken Haze both did a track… So here it is! Finally! And bigger and better than expected! It’s been slipped into 2 parts. My tune is the opening tune for part 2, whereas Broken Haze opened part 1. It’s a must have, especially since it’s abso-fucking-lutely free! So don’t sleep on it! Some great music from some of the best people around the world. FREE! Following on from the release of Part 1 the other week, Jus Like Music & Apple Juice Break present: Oscillations Part 2 is now available to download for FREE! Featuring 21 solid tracks varying from hip-hop to electronica to neo-soul to dubstep and beyond, Part 2 promises to continue where Part 1 left off. With tracks from artists like Slugabed, Alex B, Mr Beatnick, Kidkanevil, Oddisee and Suzi Analogue, it’s easy to see why it would seem so appealing – plus… it’s free, remember?! Tracklisting: 01. XLII – Roll Upon You Like XLII 02. Slugabed – Power Of The Mind 03. Alex B – Murked 04. Greymatter – Too Much 05. Elroy 4.0 – Nemo’s New Shimmery Coat 06. 00Genesis – Dew 07. Constrobuz – Listen Close 08. Mr Beatnick – Plastic Memory 09. ANGO – Hep, Hep 10. Suzi Analogue + Stalley – Gate 28 (Analogue Radiowave Edit) 11. Kidkanevil – Zo0o0o0p!!! feat. Oddisee 12. Flick Brown – It Be Called N.C. feat. Akello Light 13. Cazeaux O.S.L.O. – Negro-Orgen 14. Piff Herrera – Windpipe 15. Debilorithmicos – Devil’s Hand feat. Racecar & Sarah G 16. 8Bitch – In The Moog For Love 17. Ghost – CIA 18. Stevo – untitled971 19. Inko – Komet Kameratene 20. Beatcasso – Untitled 48590 21. S.maharba – M/L/M/H As an added bonus, BUG is giving away the flipside to his submission from Part 1; Indica. So, make sure you grab Sativa via his site – don’t sleep on it!

Disk Union Interview: XLII - Ego Friendly

ORIGINAL INTERVIEW PAGE: http://diskunion.net/clubt/ct/news/article/2/12996

INFORMATION | XLIIファースト・アルバム「EGO FRIENDLY」リリース記念スペシャル・インタビュー!

  ファースト・アルバム「EGO FRIENDLY」をリリースしたXLII(シリー:以下X)のスペシャル・インタビューをお届けします! ■ リリースおめでとうございます。まず、聴かせて貰って思ったのは、HIPHOPとDUB STEP的な側面のエレクトロのバランスが凄く良い作品だなと思いました。HIPHOPなタイトなビートな質感と打ち方、エレクトロなベースラインと上モ ノっていうのが、XLIIの特徴のひとつだと思うんですが、その裏にあるシリアスな空気感が僕は凄く魅力的に思うんです。それはやはりロンドンや東京の生 活から 滲み出てきている部分だと思いますか? XLII X: ありがとうございます!どうでしょうかね(笑)。まあ、シリアスと言われると 確かにそうかもしれませんが、ロンドンや東京にはあまり影響を受けなさそうな気がしますけどね。個人的 に何に影響を受けたとか一番難しいところですね。大体曲を作る時、最初からどんなものを作りたいと決めて、面白い感じになるまでずっといじりますから、今 年はシンセにはまって、こういうのができちゃったんですよ!エレクトロと言われても、僕は やっぱりHip-Hop spiritですから、こんなふうにジャンルからはずれた感じになってしまいました(笑)。 ■アルバム・タイトルである「EGO FRIENDLY」の由来はなんですか? X: 言葉遊び凄く好きで、最近流行っているエコっていう事のパクリ名です(笑)。"Eco Friendly"っていう言葉があって、その意味は「地球に優しい」って事です。そのタイトルをぱくって、「エゴに優しい」にしました。解釈は自由です が、僕の意見で人のエゴに優しい音楽っ て事ですね。たまにすっごいえらそうな曲を聴いたら、何かイライラします(笑)。例えば、最初の2分意味不明なノイズを入れて、それから全くライムがない おしゃれそうなしゃべりにして、クライマックスにバンジョーを弾いて、「考えろや!」と怒鳴りだして、終わりっ。。。みたいな曲を耳にすると、「俺バカな のかな?何でこの曲を理解できないのかな?俺頭悪いのかな?」と考え出しちゃうから、そういうのはあまりエゴに優しくない音楽だと思います(笑)。今回の 作品はあんな気分にさせないように作りました!(笑)。意味不明なところは一切ないようにしていますので、凄くエゴに優しい音楽だと思います! (笑)。"Ego Friendly"です。 ■今回制作にあたって使用した機材を差し支えなければ教えてください。また、最もフェイバリットな機材を1つあげてもらえますか。 X: 機材オタクですから、危ない質問です!(笑) 申し上げます:作りはCubase 4 & 5はメインです。ミキシングはPro Tools 8 でした。シンセを本当にたくさん使いましたので、シンセのチョイスは1位Sylenth(Podgy Swing)、2位Juno106(Alive)、3位Minimoog(One Foot In The Rave)、4位 Massive(Plump Shuffleのベースライン)。打ち込みは大体 Oxygen49っていうMidiコンとPadKontrolです。プリアンプは Focusriteです。 ダブエフェクトはVesta Fire RV-1っていう凄く古いスプリングリバーブとか。使いました。。。デジタルなものが多いので、最後に音を暖かくするように、全トラックをビンテージのア ナログミキサーを通 します。本当に気持ちいい音がするやつですよ。まあ、全部書こうとしたら、10ページ以上になりそう!(笑)。 ■COMPANY FLOWをフェイバリットなアーティストに挙げているけれど、彼らの作品で特に好きな曲はなんですか?また、COMPANY FLOWのどこに影響されましたか? X: 「FUNCRUSHER PLUS(97年リリースのファースト・アルバム)」はクラシックです!好きな曲は全部ですけど、死ぬまで聴けるの は:“Silence"、"Blind"、もちろん"The  Fire In Which You Burn"。影響はやっぱりあの時代であそこまで外れた音楽を作って、そこでリスペクトをもらえたって事かな。この狭いHip-Hopの世界であの時の彼 らを超えたアーティストはまだいないと思います。今世界中から向けられるJ-Dillaなどへの憧れは全部彼らのおかげだと思います。音的に影響はあまり ないと思いますけど。 ■今回のアルバムでは、自身のRAPが入っている曲もあれば、インストの曲もあるけれどその分け方は何か基準があるんですか? X:いつも曲を作っている時、いい曲になるように何をすればいいのかなと考えて作っているだけです。今回作ったほとんどの曲にラップが似合わなかったので、入れなかっただけですね。 ■今、音楽を取り巻く環境が変わってきているなかで、XLIIはアナログもリリースしているけれどやっぱり世代的にもアナログの拘りというかアナログの愛着ってありますか? X: そういうのは全然ないです!まあ、もちろんアナログの音を本当に大好きですけど、アナログを出したら、アナログしか使わない人も聴けるだけって事かな。ま たクラブでかけてくれる人もいるし、そこにいるお客さんが皆聴けるし。とりあえずこの音楽をできるだけ色んな人に届けたいです。CDでもmp3でもアナロ グでも! ■持っているアナログの中で、これは誰にも譲れないなって思う作品をあげてもらえますか? X: 実はアナログあまり持っていないですよ!(笑)欲しいけど、中々Diggingする時間も無いし、DJもできないし、 人からもらったレコードとサンプリングネタしかもっていないですけど。でも、絶対譲れない1枚と言ったら、高円寺で30円で買った三田村真っていう人の 「酒と薔薇の日々に」っていう7インチです!これ本当に凄いですよ!(笑)「ヤクザもSoul Music大好きコッラー!」みたいな気分にさせる一枚です。歌の最初のラインは「殺し文句ニャー!」ですよ。笑笑 週一回絶対聴きます。 ■他のインタビューで、日本の好きじゃないポイントに「海外のラッパーをマネし過ぎのMCが本当に多い」って事をあげていたけど、MCにとって必要な事ってなんだと思いますか?また日本人と海外のMCの違いって何だと思いますか? X:日本人と海外のMCは一緒だと思いますよ。MCは何処でもMCですからね。日本人も他の国の人も、Hip -Hop 好きだから、MCをやっていると思いますので、あまり変わらないと思いますよ。何が違うと言ったら、自分の生まれて、育った状態のリアルさですね。北ロン ドンみたいな所に生まれた人は悪そうな、危なそうなラップしている時、それはリアルだと思います。マジでクソな所ですから。(笑)ただ、日本だと会社や社 会とかのラップのほうがリアルでしょう。危ない所あまりないから。今は全然違うけど、元々海外でラップをしていた人は本当に嫌な所で生まれた人ばかりでし た。でも、日本って嫌な所は何処ですか?人生はそんなに苦しくないでしょう。だから、そういう所をマネしなくていいって事ですね。僕が生まれた時Tシャツ 1枚、ズボン1枚、くつ0個でした。8歳の時-20度で毎朝3時からその日の食分のパン200グラムと牛乳200mlをもらう為16時間ぐらい並んでいま したよ。10歳までテレビを見た事なかったし。肉などは運が良ければ、月1回ぐらい食べれる程度で。そんな人生だから、海外のMCはああいうリリックにな る訳で。そこは海外をマネし過ぎじゃないですかね?人生が最高みたいなラップしましょうよ!(笑)。MCに必要な事は:1.オリジナリティ。2.自信。 3.自分の意見。4.上手く書ける、しゃべれる事  5.強い声。後は当たり前ですけど、スキルでしょう。(笑)。 ■リリース元のRAID SYSTEMはBROKEN HAZEのレーベルで、彼もHIPHOPやELECTRONICAという1つのジャンルに固執せずに幅広いアプローチをしていますが、そんな周りのアーティストをここで何人か紹介してもらえますか。 X: 周りっていう事より、最近日本で面白い事をやっている人を言います。DJ Audace - 仲間ですけど、彼が作っている曲は本当にかっこいいです。Eccy - 彼はいつも本当にいいペースで本当にいい作品をだしてますね。Olive Oil - 説明不要ですよね。Himuro Yoshiteru - 彼の曲も大好きで。Skyfish - 最高にいい人で最高にいい音楽を作っています。福岡のSatoっていう人の曲も本当に気に入りました。DJ Perroもヤバイです。Daddy Vedaも超かっこいい曲を作っています。後は最近耳にしたOil WorksのIchiroさん!ゆるい感 じで気持ちいい音楽を作っています。 ■Fubar Recordingsというレーベルでも活動されていますが、このFubarはどういう経緯で立ち上げたんですか? X:自分の「家」みたいな自分の所が無かったので、作りました。何かを出したい時、いつでも自分で自由に使えるレーベルです。最近このリリースなどで忙しくて、Fubarは静かな感じになっているんですけど。 ■サウンドを聴いて、GLITCH HOPやDUB STEPなサウンドからも何かしらの影響を受けているように感じるんですが、こういったジャンルの音は聴きますか?また、GLITCH HOPやDUB STEPでオススメな作品があれば教えてもらえますか? X: 実際はあまり聴かないですよ!(笑)。Glitch Hopの世界で Editっていう人しか知らないですよ。彼のトラックでGrouchが参加している一曲はかなり気に入りですけど。DUB STEPも何枚を持っているんですけど、そんなに詳しくないですよ。やっぱりDUB STEPだと、遅くて、暗くて、だるい感じのの曲は大嫌いです。BengaやHorsepower ProductionsみたいなファンキーなDUB STEPがいいですね。そっちのほうが少ないから、 あまり聴かないですね。最近見つけたちょっといいのはBracklesっていう人です。後はBare NoizeとMatt U とか。 ■MCでありビートメイカーでもありますが、ライブはどのような感じでおこなっているの?また、ライブに関しては何か意識している事はありますか? X: いつもパソコンとマイクですね。リアルタイムに曲をいじりながら、ラップしたり、っていうのが基本です。他にもスクラッチDJをフィーチャーしたりするこ ともあります。いつもいい雰囲気を作りたいし、人に声を出して欲しいから、かなり面白さは大事にしていますよ。毎回セッション的でフレッシュな気分を作り たいので、大体のライブがリハなしです。本当にLIVEですよ。毎回何が起こる分からない感じが楽しくて面白い!いつもステージから客さんのリアクション を見て、その場でリアルタイムで合わせています。最後にまだ踊っていないか声出していない人がいたら、僕の負けです!(笑)。 ■今までのライブ活動で、特に印象に残っているイベントはありますか? X:もちろんありますよ!2,3年前の話ですけど、恵比寿のMilkっていうクラブで普通にライブやっていたら、 急にステージに本当にベロベロな2人のオッサンが上ってきて、一人はマイクで何かラップぽいノイズを出 して、もう一人はブレークダンス風頭でスピンみたいな動き失敗して、そのままステージで寝てしまった。 彼らのあのクソさが 本当に面白くて、10分ぐらい笑いが止まらなかった。客さんももちろん皆大爆笑!ベロベロおっさん達:いつでも自由に参加してください!(笑)。 ■XLIIにとってのDISK UNIONとは? X:ディッガーの天国でしょう?僕の知り合いの中でレコードオタクが何人かいて、皆DISK UNIONに住んでいると思っていいぐらい行っていますよ。 ■今後の予定をお聞かせください。 X:今週木曜日から一ヶ月ぐらいヨーロッパ回ってきます。ライブして、その後やっと休みって事で2週間イ タリアでスノーボードしてきます。音楽の予定は本当に多くて、何を先にする中々決まれないですね。とりあえず、本当に最高にスキルが高い人と何か一緒に作りたいと思います。1月30日は長野で2月6日は大阪でリリースツアーしてきます。 ■では、最後に自身からアルバムの紹介をお願いします。 X:ジャンル不明誰でも聴けて、ケツを動かせる2010年のウソやかっこつけ何も無いエゴに優しい音楽 - 「EGO FRIENDLY」です! ■ご協力ありがとうございました。 XLIIアルバム「EGO FRIENDLY」ご購入はこちらから↓ XLII EGO FRIENDLY

We Nod Interview: XLII - Ego Friendly!

ORIGINAL INTERVIEW PAGE: http://www.wenod.com/shop/special/egofriendly/egofriendly.html

 
XLII “EGO FRIENDLY” INTERVIEW

Q : アルバムのリリースおめでとう!まずは自己紹介をお願いします。 XLII (以下、X) : XLIIっていう書き方でシリーと申します。1983年にウクライナに生まれて、小学校からずっとイギリスに住んでいました。MC、トラックメーカー、エンジニアなどをやってます。2004年の夏にロンドンから東京に引っ越しました。 Q : XLII (シリー) という名前の由来は何? X : かなり変な話ですけど、XLIIっていうのはローマ数字の42なんです。何故か生まれからこの番号はずっと俺をストーカーしています。本当に。例えば、部 屋番号は42か242になったりとか、口座番号の最後の数字は42とか、電話番号もそうだし。。。別に自分から選んでるわけないのに、なぜかついてくるん ですよ。僕の母が42歳になって、ガンでなくなったとき、「ヤバイな!」と思って、「俺はやっぱ四十二Manだ!」と思って、XLIIにしました (笑)。ほとんどの人がXLIIっていうスペルの事を「スライ」と読むはずなんだけど、「スライ」はSylvester Stalloneのあだ名なので、シリーっていう読み方にしました。 Q : XLII はウクライナ出身だけど、ウクライナの音楽シーンはどうなの? X : ウクライナ出身ですけど、あまり住んでた事ないので、そんなに詳しくないです。でも、友達の話を聞くと、やっぱDnBやDubstepみたいな音楽が最近 流行っているみたい。基本的にドイツ系のテクノみたいな音楽か、De La SoulみたいなポジティヴなHip-Hopが多いですけど。ウクライナは凄く広い国なので、クラブはマジでデカイです!ウクライナ人は皆本当にテンショ ンが高くて、クラブに行くと笑いが止まらない!毎回「こいつらは本当にいかれてるなー!」と思っちゃう (笑)。今度映像を撮ってYou Tubeにアップします (笑)。 Q : 音楽を作り始めたのはいつ? きっかけは? X : 基本的に家族は皆ミュージシャンですよ。なので、本当に若い頃からずっと楽器で遊んだりとかしてたし、自由に好きな音楽を買っていました。7歳頃に Hip-Hopにはまってしまったが、ラップをし始めたのは多分11歳頃かもしれない。その時Gangster Rapをやっていました (笑)。完全「AK47でMother Fuckerを殺す!」リリックばっかりでした (笑)。11歳ね (笑)。13歳頃にアルバムを出そうと思ったけど (笑)、俺の周りに(周りっていうのは同級生 (笑)。トラックを作れる人誰も居なかったので、自分で作ろうと思って、作り始めました。それは96年の話かもしれないですね。その時作ったアルバムは今 でも残っています。オッサンになったら、ロストテープスで出します!(笑) Q : 影響を受けたアーティストはいる? X : 本当にたくさんいます。7歳から16歳までやっぱりOldとMiddle Skoolの皆ですね。個人的にちょい変わったフローでヤバイリリックを言う人が好きだったので、やっぱPharaoh Monchとか、B-realとか、KRSとかに本当にやられていました。中学生になった時、誰よりも本当にCompany Flowにやられました!Soundbombing Vol. 1で「Fire in which you burn」を聞いたら、1週間ぐらいショックだったかも (笑)。その時にスタンダードじゃないHip-hopもやっていいと理解できた!「ジャンルは何なの?ルールは何なの?!」と考えて続けて、「オリジナル さや自分のスタイルは何よりも大事」と思いました。っていう事で本当にCo-Flowに感謝しています。 Q : やはりイギリスのヒップホップの影響は大きい? X : そうですね。イギリスのHip-hopはもっと大人向けなので、高校生になってから本当にオタクな感じではまって、だから影響が大きいですね。例えばビー トの打ち方とか、サンプルのネタとか。イギリスのHip-Hopはアメリカとだいぶ違うんですね。アメリカだと、ちょいユルイ感じで、ちょい甘い事をいう 感じですね。アメリカのGangsterラップでもそんなに怖く聞こえないですね。イギリスのHip-hopだと、ビートやベースは本当に強くて、超タイ トですよ。MCもリズムが本当にタイトで早口ですね。国としてイギリスを見ると、マジで暗くて、天気がずっと悪くて、物価が高い所なので、皆ずっとビンボ ウな気分です (笑)。 それはイギリスのHip -hopで良く伝わる。めっちゃリアルなので、そっちのほうが怖い。そのリアルさに超影響を受けました。自分をかっこつけないし、ウソや偽モノは何もない から。たまにクラブでサングラスをかけている奴が居るからね (笑)。 Q : アルバムについて聞きたいんだけど、たくさんゲストが参加してるね。各アーティストについて教えてもらえる? X : 日本人のMCだと大阪のSuppon RecordsのGeboさんですね。彼は本当に早口なMCなのに、ノリがめっちゃ良くて、はっきりな発音で、楽しく聞けるMCですね。スキルが本当に高 いです!もう一人の日本人MCで、彼も大阪なんですけど、MC Leoっていう人ですね。彼は去年まで熱く関東で活動していました。Leo君のポイントがシンプルな分かりやすいリリックで、覚えやすいパンチラインをガ ンガンで言う。後は彼の声ですね。めちゃくちゃかっこいい声を持つ奴ですね。最高な人間です。 他はもちろんBroken Hazeですね。Electric Hip-hopモンスターですね (笑)。彼も最初から超クオリティーが高い作品ばかり出していて、めちゃくちゃオリジナルなトラックメーカーですね。彼のような盛り上がったパソコンライ ブを見た事ないです!コイツはヤバイっす!後はMattbですね。世界の人です。世界中ライブ活動をし続けて、今は Bass Scienceっていうユニットで凄い注目を集まっている人です。Low End Theoryみたいなイベントと、ヨーロッパのデカいフェスとかでプレイしながらどんどんヤバイ音楽を出しています! スクラッチで参加しているDJは毎回間違えないヤバイ天才DJ Ken-Oneじゃい (笑)!彼の事を知らない人はあまり居ないと思いますけど、紹介します。スクラッチの天才DJでございます!今まで数えられないぐらい最高な作品に参加し たり、コンスタントで彼にしかできないスクラッチでリアルタイムで曲作りライブをやったりとかしています!しかも、めちゃくちゃいい奴ですよ。後はDJ Audaceですね。「Ego Friendly」の6曲目「Something Blissful」っていう曲を聞いたら、彼のヤバサを分かると思います!1年間ぐらい、彼に僕のライブセットに参加してもらって、毎回マイッカイ間違え なく決まります!ちょーーーータイトですよ、彼は!彼が作っている曲も半端じゃなすぎるので、是非チェックしてください! Q : broken hazeのレーベル “raid system” からリリースすることになった経緯は? X : 昔からBroken Hazeと仲良くしていて、同じイベント出たりとか、たまに一緒に遊んだりとかしていて、それで、去年に彼のRaid Systemっていうアルバムに「Raid System」っていうメインな曲にMCで参加しました。実際はあの曲の内容が今のRaid Systemレーベルの話でした。Raid Systemっていうのはレーベルだけじゃなくて、コミュニティーみたいなことですよ。面白い人とつながって、面白いことをやりたい。白黒黄とかは関係な いです。何でRaidから出すっていうのはね。。。 実際はアルバムを発売すると決めた時、3、4のレーベルから声をかけられたんですけど、僕は死ぬほど自分の音楽の為に頑張る奴ですから、他の人 (やレーベル) の努力にあまり自信がなくて、ただCDをプレスして、ただお店においていくのは誰でも出来るので、わがままでこの作品の為に超頑張るレーベルを探してい た。そこで急にRaid Systemから話が来た時に、「おお、コイツは超頑張ってるし、考え方も近いし、仲間だし!」と思って、Raidに決まりました。 Q : ラップするのと、ビートを作るのはどっちが好き? X : もちろん両方とも好きですよ!だが、日本に来てから、やっぱビートは70%でラップは30%になっちゃったんですね。なぜなら、ライブで大体の人は俺の 言っていることを分かっていないので、本当にリリックがヤバイところでも盛り上がり方が同じ!とりあえず、タイトなオリジナルなフローで盛り上げてもらっ ています。後はビートのほうが難しいから、チャレンジとして、そっちのほうが面白いかな。。。でも、来年から日本語でラップし始めようかなと思っています ので、又50%/50%に戻ってくるかなー。物が簡単過ぎると何か物足りない気がします (笑)。 Q : 世界各地に行って、コネクションを持っているXLIIから見て、今の日本のシーンはどう? X : 日本のシーンはヤバイですよ。凄くいいシーンだと思っています。皆仲良くして、ジャンル関係なく絆を作って、結構居やすいところですね。ロンドンだと、 やっぱ重いっすよ。MCが他のMCを殺す気です (笑)。クラブに行ったら、毎回絶対誰かがケンカでナイフで刺されちゃうか、何処かのクルーにボコボコにされちゃうから、ネガティブなところが多すぎま す。もちろん皆そうじゃないですけど。 昔は中2の頃に、Open Micとか出たりとかしていた時、10人でマイクを回すと、途中コードしか回さなくなっちゃう。誰かが絶対マイクをぱくって、誰も見てないうちに逃げる (笑)。せこいでしょう?(笑)。今は日本でライブするとき、機材を全部設定して、何処かご飯とか2時間ぐらい外に出ても何も盗まれないです!ケンカもな いし。っていうか、クラブのセキュリティーもないし!最高でしょう。 だが、音楽として2、3ちょっと微妙に好きじゃないポイントもあります。1つは海外のラッパーをマネし過ぎのMCが本当に多いです。それはあまり理解で きないですね。日本のMC、トラックメーカーやリスナーに日本の音楽のアイデンティティーを守って欲しいなーと思います。海外の人をマネすると、日本のも のでもないし海外のものでもないので、何か中途半端などうでもいい物になっちゃう。日本のHip-Hopを日本人らしく自分のものにすれば、そっちのほう が日本人にも世界にもアピールが高いと思っています。昔の日本人MCとかを思い出したら、俺の言っている意味が分かると思います。Ill MariachiのTokona XとかLamp Eyeとか。それはリアルの日本のHip-Hopです。武蔵小金井に住んでる保険会社のサラリーマンで、中途半端な意味不明英語で、自分がコンプトンに住 んでるみたいな雰囲気のラッパーはなんなの? (笑)。もう一つのは、たまに文化的に知らない人と連絡がとりづらいですね。もうちょいオープンで皆でシーンを盛り上げましょうよ! Q : 最近、注目しているアーティストはいる? X : 本当に多いっすよ。昔からMy SpaceできになっていたLornっていう人です。彼のBiggieのリミックスはマジでヤバイです!かっこよ過ぎ。後はMount Kimbieっていう人達。Hip-Hopじゃないですけど、かなり気持ちいい音楽ですね。日本ではEccyさんですね。中々面白いのを作っていますね。 人間も面白いし!(笑) もちろんBroken Hazeですね。彼はいつも皆より一歩先。この間福岡であったSatoっていう人のビートも超かっこよかったし。又福岡のThe Back Warsっていうクルーが居て、彼らのフリースタイルを聞いたとき、やられました。もちろんOlive OilとZorziもずっと間違えない動きしています。UKのMussckっていう人もビート作りマニアですね。1日12曲とか!(笑)。後は気になる アーティスト: Himuro Yoshiteruさんとか、僕のアルバムにも参加しているDJ Audaceとか、Daddy Veda君とか、本当にたくさん居ます。 Q : これからのライブの予定は? X : これからどんどんツアーモードに入りたいと思っています。12月に日本で後2本をやってから、1ヶ月間ヨーロッパでツアーしてきます。帰ってきたら、長野 の白馬と大阪でリリースツアーもしてきます。白馬は1月30日です。大阪はSunsuiっていう箱で2月6日になります。その後もツアー続いていきますの で、是非サイトかMySpaceをチェックしてください!このツアーのため僕はゼロから新しいライブセットやプレイスタイルを立ち上げましたので、機会が あったら、是非見に来てください! Q : 最後に、リスナーにメッセージをどうぞ。 X : ジャンル関係なくいい音楽を聴きまくりましょう!いい音楽はいい音楽ですからね!    


日付 : 2009年12月2日 質問 : 西喜 (wenod records) 回答 : XLII ARTIST : XLII TITLE : EGO FRIENDLY FORMAT : CD LABEL : RAID SYSTEM RELEASE : 2009 PRICE : 1980yen (tax in) wenod特典 : “BuriBuriDubFreestyle” 全4曲入りCDR付き!more info ORDER XLII (PRODUCER/MC) ウクライナ生まれ、UK育ち。26歳という若さにして、MC のキャリアは既に15年。13歳でUKにてオリジナル・トラックの制作を始める。印象的なメロディーラインとタイトなビートのコンビネーションが反響を呼 び、その後フィーチャーされたミックステープがヒップホップ系ラジオ局でも紹介されるように。自主制作で2枚のEP/プロモCDをリリース。現在では、 MC・トラックメイカーとしての活動に加え、DJ、サウンドエンジニアリング、CD/DVD音楽のマスタリングなど幅広く手がける。日本に移して以降、ASA (Jar-Beat Records)、Broken Haze(Insector Labo)、MC Leo(Nuff Mek)、山仁da sportsman(Loop Junction)など数多くのアーティストとステージパフォーマンスを行ない、注目を浴びる。2006年にユニット且つレーベル、FUBAR Recordingsを立ち上げ、2007年にその活動を全国に知らしめるべく東京・名古屋・仙台・関西をライブ巡業。同時にサウンド・エンジニアとしの 活動も活発化。 2008年にはプロダクションからMCまで多彩な才能を遺憾なく発揮した “TIME SLIP EP” が満を持して発表。その他にもヨーロッパで好評を博した人気D&BデュオPentagon&Ethixとの共同制作EP “White Label” など、MC、プロデューサー、エンジニアとして数多くの作品に参加している。2009年12月には予約完売となった “Broken Haze vs Olive Oil” で話題の新レーベルRaid Systemからコンセプト・アルバム “Ego Friendly” が遂にリリース。現在発売中! Myspace : click Official : click ARTIST : XLII TITLE : EGO FRIENDLY EP FORMAT : 12" LABEL : RAID SYSTEM RELEASE : 2009 PRICE : 1680yen (tax in) more info ORDER ARTIST : XLII TITLE : TIME SLIP EP FORMAT : 12" LABEL : RAID SYSTEM RELEASE : 2008 PRICE : 1500yen (tax in)  more info ORDER ページ内キーワード  KRS ONESUPPON RECORDSGEBOMC LEOBROKEN HAZEDJ KEN ONERAID SYSTEMILL MARIACHILAMP EYEECCYSATOTHE BACK WARSOLIVE OILDJ ZORZIHIMURO YOSHITERUDADDY VEDA 

[Oscillations part 1]! Free Compilation!

Amazing FREE compilation from the UK! This is only part 1. Part 2 will be out on April 12! Don’t miss it! ****************************************** 最高にヤバイUKの無料コンピの事のブログです!全曲を聴いていて、もうこれって本当に無料でいいのかなと思っちゃうぐらいクオリティーが高いコンピで す!今週Part 1は出ちゃって、それで4月の12日Part 2がドロップ!Part 1にはBroken Hazeの今までの一番ヤバイ曲が100%無料です!それでPart 2には僕の今まで一番気に入りな曲が入っています!是非ダウンロードしてみてください!本当に最高なコンピです! Oscillations Part 1 01. Broken Haze – Block 02. Om Unit – Neptune 03. Chairman Kato – No Coincidence 04. Vital – Gaffer Tape 05. T.Hemingway – Dirty 06. le N?KO – Crushed Universes 07. Decepticon Bootleg Machine – Orbit162 08. Lunice – Perpetual Leisure 09. Invisible Inc – Paradise 10. Paper Tiger – Good Feelings feat. Sabira Jade 11. Ocuban – Favela feat. Kit 12. Cohoba – Caltri 13. Dza – Shifty 14. East Winston Lake – Indigo’s Wah Wah (prod. Akello Light) 15. Grillo – Fronting The Weekend 16. Bluntspeakers – 1000 Miles 17. Sampology – Mamaye 18. Dipak Chand – Nurse, Hello 19. BUG – Indica 20. Jesse Futerman – I Love You So DOWNLOAD LINK: http://juslikemusicrecords.bandcamp.com/