2011 > 2012 Raid System Countdown Party in Hakuba, Nagano!

Raid System presents…

Raid System Countdown in Hakuba, Nagano!

Where: Mominoki Hotel (Pub + Altitude + undeground sound spot)

Door: 2000 (no jokes)

DEC 31, 21:00 start!

- SPECIAL GUESTS -
Raid System Tour:

XLII (Raid System) | Broken Haze (Raid System)
P.O.L. Style (Numbers) | DJ Ken-One (Raid System)
DJ Audace (Inductive)

&
Many Local DJ’s

各地域へ送迎バス有り。

http://raids.jp/

Check the video from last year:

Raid System Countdown 2010 > 2011

Facebook event page:

http://www.facebook.com/events/311930905507169/

 

_____________________________

XLII (Raid System)

ウクライナ生まれ、UK育ち。齢11歳よりMCの経験を積み、オリジナル・トラックの制作を始めたのは実に13歳という若さ。2004年からは拠点を日本に移して活動中。ヒップホップを基本としながら異ジャンルとの融合も難なくこなすトラック・メイカー、MC、DJ、サウンドエンジニアとして幅広い才能を見せつけている。
現在は、常に半歩先を行く音楽でシーンを牽引し続けるBroken Hazeと共に新進気鋭のアーティスト集団/レーベルRaid Systemにて世界を股にかけて活動中。
同レーベルから2009年にリリースした“Ego Friendly”(アナログ、CD:2009年)をひっさげ、日本・ヨーロッパの各都市を巡業したツアーで成功を収める。
2011年3月11日の震災後、イギリス出身ジャーナリストのローレン フィントーニ、Broken Haze, DJ Audaceらと共にチャリティーアルバム“Nihon Kizuna“をリリース。世界中のアーティストに参加を 呼びかけたこの企画は、Kode 9, Kuedo, Rudi Zygadlo, Broken Haze, Circulations Records, All City Records, Ninja Tune, Kid Kanevil, Om Unit, Paul White, One Handed Music, BD1982, Mux Mool, Ernest Gonzales, Jay Scarlett, Elliott Yorke (Royalty), Kan Sano, Onraといったアーティスト、レーベルから計84曲の提供を受けた。その売り上げすべてが日本赤十字社へ届けられている。
同年夏、満を持してヨーロッパツアーを敢行。Kanye West、The Chemical Brothers、James Blake、Katy BなどがヘッドラインをつとめたイギリスのBig Chill Festivalへの参加を始め、ウクライナでのグラフィティ大会ファイナルにスペシャルゲストとして出演、更に各国でラジオ、ライブなどを数多くこなした。
同年秋にはDOMMUNEにて共演が実現した世界DMCチャンピオン DJ RAFIKがRaid Systemへの参加を発表。更にはNATIVE INSTRUMENTSからのサポートが決定し、2012年1月からはドイツBLN.FMでのレギュラー番組をスタートする。
現在もBBC 1Xtra, Rince FM, といった人気ラジオ番組にてNinja TuneのStarkeyや昨年話題をさらったKutmahが彼の曲をプッシュ。また、Diploの話題レーベルMad Decentもブログで絶賛するなど、その評価は国内外で高い。今後は、DJ RashadのGhettophilesレーベルから発表されるコンピレーションへの参加と、Civil Musicからリミックスなどが期待されている。
自身の楽曲並みに入り組んだ複雑なライブパフォーマンスでも定評があるXLII。リアルタイムで行われるアドリブのボーカルパフォーマンス、ルーピングが見ものだが、差し挟む激ヤバのサンプルは日本歌謡曲までもが範疇という規格外のライブは必見!
XLIIの最新作はサウンドクラウドからチェック!
http://soundcloud.com/xlii
http://www.facebook.com/XLIImusic

_________________________________

BROKEN HAZE (Raid System)

叙情的なメロディーとglitchビートを融合したサウンドでDubstep, Hip hop, Glitch Hopなど多くのシーンをまたぐKeisuke Itoによるソロユニット。
Machinedrum(Lucky Me, Merck)やrichard devine(WARP), Coma(ROMZ)など注目アーティストが多数参加したファーストアルバム 『raid system』をリリース、切なく耳触りのいいメロディーを巧みに取り込み、幅広いリスナー層から支持を集めた。その後はOlive OilとのVS EPをレーベルRAID SYSTEMからリリースし、アナログは即完売、iTunes electronic chartでは2位を記録、ハイブリッドなHip Hopサウンドを披露、2011年にはRED BULL MUSIC ACADEMY2010に参加しGiles PetersonもプッシュするB.BRAVOとのVS EPをリリース、シンセサウンドを大胆に使った作品が国内外でも大きな反響を得ている。

リミックスワークでは、RQM, 9DW, 口口口(クチロロ)などだけでなくAAAやAyumi hamasaki、別名義であるDJユニットNERDZ ERAでは、CROOKERS, DEX PISTOLS, M-FLOなどメインストリームのアーティストも担当、ディズニーオフィシャルカバーの楽曲なども手がけており、彼のプロダクションスキルに定評があることが伺える。

3/11の震災後は、チャリティーコンピNIHON KIZUNAを仲間と共に企画、国内外のアーティストに楽曲提供を呼びかけ、二つのデジタルコンピをリリース、Kode 9, Kuedo, Rudi Zygadlo, Om Unit, Mux Mool, Ernest Gonzales, Jay Scarlett, Onra, Slugabed, Nightwave, The Quemistsなど 約80人のアーティストが参加、その蒼々たるメンツがElectronic Musicファンをうならせ、世界を巻き込む大きなムーブメントとなった。

ライブ/DJ活動では、LAPTOPとMIDI Controllerを駆使したアグレッシブなライブパフォーマンス が魅力である。Hudson Mohawke(Warp, Lucky me, Numbers)、edIT(The Glitch Mob) 、Dorian Concept(Ninja Tune)、Machinedrum(Lucky Me)、GIRL UNIT(Night Slugs)、DJ Rafik(DMC World Champion)、Fulgeance、など海外アーティストとの競演も多く、彼が世界レベルのであることを証明している。
UKの人気Podcast[RHYTHM INCURSIONS]でもミックス・パーソナリティーを担当、Ustreamを使ったRAID SYSTEM RADIO、M-Floの Taku Takahashiが主宰するBLOCK.FMでのパーソナリティーなど、活動は多岐にわたる。

現在は、Planet MuやLucky Meからのリリースで話題のMachinedrumやS-Type, Glitch hop系アーティストのFreddy Toddなどがリミックスで参加予定のアルバムやシングル、Bobby TankとのスプリットEPなど多くのリリースを控えている。
http://www.facebook.com/pages/broken-haze/96694072922

__________________________

P.O.L Style (Numbers / Nightshifters)

スコットランド、グラスゴー生まれ。1992年からDJをはじめ、2003年からはグラスゴーで世界中でその名を轟かせたパーティ “NUMBERS”を主催。2007年にはNUMBERSのパーティを東京へと移動させる。TittsworthとAyresが運営する〈T & A〉や〈NIGHTSHIFTERS〉からのEP、リミックスワーク、Mad Decent、Discobelle、Mishka、TCY Radioなどへのミックスの提供など精力的に活動。イベントNumbersを筆頭に、毎週土曜日にMishka原宿でのインストアDJ、毎月第3木曜日 に渋谷moduleにてLaguna Bassを開催。http://nmbrs.net/crew/p-o-l-style

______________________________

DJ Ken-One (Raid System)

2000年世界的規模のDJ BATTLE=DMC初出場で日本2位を獲得。
その後、どうやってスクラッチで聴かせる事が出来るか試行錯誤を重ね
現在の1ターンテーブル+Scracth+ループペダルを駆使しビートをライブで構築するスタイルに行き着く。
またそのスクラッチスキルを評価され、巨匠Q-BERTによるDVD
「DJ Q-BERT LIVE」,「Turntable T.V DX」に出演。
現在、レーベル"RAID SYSTEM"(http://raids.jp/)に所属しながら
ライブ、DJ MIXとスタイルを使い分け活動中。http://djken1.blog73.fc2.com/
____________________________

DJ Audace (Inductive)

DJ / ターンテーブリスト / トラックメーカー

フランス(ナント)から東京ミュージックシーンに2005年に進出。ヒップホップの極限を追及し、ダブステップ、ロック、エレクトロ、ドラムンベースまで野心を広げる

フランス語で大胆という意味のDJ Audace はあらゆるジャンルの音楽を恐れず形成・ミックスしてしまい、カジュアル、でもクールな物腰で Audaceという名前を更に魅了させる。これがAudaceにユニークな魅力、際立った存在というイメージを与え、彼のステージ・ライブパフォーマンスをロックでエクスタシーなものにする。http://inductivejp.com/
______________________________